マンション平和
b0157497_1911117.jpg

わたしの建築の師匠柴田弘光が三十代前半で設計した南区平和に建つマンション。
設計期間中に思い立って、ヨーロッパに出掛け、日本に戻って実施設計を全部一からやり直したときいています。
斜面に沿う軸線の両側に、角度を振られたグリッドに乗る住戸が連なっています。
写真はその軸線のエンド。スチールの外装で軸であることが強調されています。
柴田さんからは、どんな大きな建物もミリ単位の数字でなりたっていることを叩き込まれました。
建物外装のタイルの目地幅まで計算して、柱間と階高の寸法を決定していました。
by yoshiaki_works | 2010-05-01 19:01 | 建築 | Comments(0)


<< 人 勢ぞろい >>