廃墟と行き止り
b0157497_16411173.jpg

大分県別府市にて、
午前中のクリニック計画打合せを終えて、
午後からの住宅設計打合せまでの間、
別府駅構内でトリテンを食べて(失敗)、
観光道路沿いのGSでジムニーくんを点検してもらいながら、
教えてもらった「KIHEI CAFE」でお茶して、
まだ少しある時間を利用して、カンナワ温泉を探索.

今日も岩本が見つけた、
赤い鉄骨の廃墟.
有料老人マンションが建設途中で、
鉄骨躯体建ち上げ途上の姿で放棄されている.
濃く赤い錆を帯びた鉄骨が夏草の緑の中に林立していた.

b0157497_16413090.jpg

通り過ぎて、カンナワ温泉の石畳を上ると、
そこはまた行き止まりだった.
by yoshiaki_works | 2010-07-02 16:57 | 建築 | Comments(0)


<< 原鶴の 土地 >>