福永純三
大学時代の友人の奥さんから喪中を知らせる葉書が届いた.
友人本人が今年の夏7月14日に亡くなっていた.

学生生活5年間の半分くらいは彼と遊んでいたような気がする.
教養部入学直後のオリエンテーションで、
イケメンで背が高く、極端に長い脚にスリムのジーンズをはいて、
「クマタカ(熊高)から来た福永です.空手初段ですけど、心やさしいです.」
「450に乗ってます.」
と自己紹介した彼に教室ですぐに話しかけた.

当時は学生運動の影響で授業はほとんどなく、ノンポリの(非政治的な)僕らは、
HONDAの“CB450”と“CBM72”2台で九州のあちらこちらを走り回っていた.
一年生のときダンスパーティーで知り合った彼女ともよく一緒に遊んだ.
私より一年早く卒業して大手ゼネコンに就職した彼はその彼女と結婚した.

2004年、大分県天瀬での卒業30周年記念同窓会.
彼も大阪からきて、ゴルフをして、酒を飲んで、温泉に浸かった.
30年ぶり、昔のまま、夜ふけるまで語り合った.
「そらぁ、自分らしゅうない(おまえらしくない)!やめとけ!」
大阪府庁の現場監督も務めた彼は、相変わらず断定的だった.
理由を多く語らず、確信を持って断定する.
学生時代からの彼の小気味よい感覚は変わっていなかった.

「ヨンハン」HONDA CB450 Double Over Headcum Twinの
歯切れのいい排気音と振動がこの耳によみがえってくる.
彼のはにかんだような笑顔がこの目に浮かんで消えない.

あいつも箱の形が崩れにくいショートホープが好きだった.
by yoshiaki_works | 2010-11-14 14:19 | | Comments(6)
Commented by 福永円香 at 2011-03-18 22:06 x
父の名前で検索をかけたら、ここに辿り着きました。
私は福永純三の次女です。

父のことをこのような記事にしていただき、本当にありがとうございます。
少しだけでも父の生きた過去を心に描くことができました。

本当にありがとうございます。
Commented by 坂口佳明 at 2011-04-08 18:39 x
福永円香さん、ブログを訪ねていただきありがとうございます.
感激しています.
先日3号線を熊本までひとりで車を転がしていたら、ラジオから福永がギターを抱えて歌っていたフォークソングが流れてきました.ヨンハンの後ろに乗ってこの道を走り、上熊本のあいつの実家に泊めてもらったことを想いだして、ジンとなりました.
母上にもよろしくお伝えください.
Commented by 福永夕記 at 2011-04-22 02:45 x
はじめまして。

坂口さんの事は父の話から伺っておりました。長女の夕記と申します。
このように父が生きてきた記憶を言葉で残して下さり、ありがとうございます。
私達が知らない父を少しでも知ることができて、家族共々とても感謝しております。

言葉数は少なく、負けず嫌いで強い性格は今も昔も変わらないのですね。ブログを読んでいますと父の当時の姿が頭の中に浮かんできます。
きっと今、父は様々な思い出の地をゆっくり旅して巡っているのではないかなと思います。


私達も父の遺志を継いでしっかり生きていこうと思います。

坂口さんもお身体にお気をつけてください。母もくれぐれも宜しくと申しておりました。
この度は本当にありがとうございました。
Commented by yoshiaki_works at 2011-04-22 10:44
夕記さんはじめまして.
あたたかなコメントありがとうございます.
私は長崎県五島の出身ですが、何年生の夏休みだったか、福永君と二人でバイクに乗って、一週間くらい島に渡ったことを想いだしました.当時島に一人暮らしだった祖父に二人はこき使われて、庭に池をつくらされたり、晩飯をつくらされたりしました.彼の料理はなかなかのものでしたよ.最後の晩はチャンポンを祖父が奢ってくれましたけどね.
すぐそばに、エメラルドグリーンに澄み切った、「はまぐり浜」というきれいな遠浅の砂浜があって、泳いだりボートを漕いだり、なつかしい想い出です.
Commented by 土田 彰三郎 at 2013-07-13 21:24 x
中学時代の友人のメールで、こちらに福永純三君の記事があると知りました。

彼とは小学校の同級生で、同じ方面だったので 一緒に歩いて帰る仲間でした。お宅にお邪魔した事も何度かありました。
CB450や空手のイメージとは少し異なり、当時も口数は少なく はにかんだ様な微笑みが 思い出されます。走るのも 泳ぐのも 上手かった記憶も あります。中学高校では、部活などですれ違いが多く ご無沙汰でしたが、大学にはストレートで進まれ 羨ましく感じた様に思います。

社会人になって 帰郷する事が少なかった事もあり お会いする事は無かったのですが、母から他界された事は聞いていました。
間もなく命日なんですね。今もあの微笑で 僕らを見守っている…そんな感じがします。
Commented by yoshiaki_works at 2013-07-15 10:23
土田 彰三郎さん、初めまして。
福永くんの記事にコメントをいただきありがとうございます。
先月も、一緒に飲んだ建築の同級生が、自分の小学校(大分)の同級生が福永純三の従兄弟(福永のお母さんの妹さんの息子?)だったことがわかって、今度熊本に会いにいくよ、と言ってました。仲間たちにも彼のファンが多いのです。
この歳になると、なんか、いい奴が突然向こうに行ったり、そんな知らせを聞きます。
福永が亡くなったのが、大変な震災の前の年の夏で、博多に新幹線が開通したのが震災の次の日で、悲しい記憶をそのように心に刻むようになりました。
あつさ厳しいおりです。土田さんもご自愛ください。
ありがとうございました。


<< 柳瀬真澄 砂浜 >>