名護市庁舎
b0157497_16334221.jpg


名護の末松さんとの構造設計打合せのまえに、名護市庁舎を訪ねた。

30年以上前に建てられた市庁舎は、訪れるたびに、

その設計思想の強さが迫力を持って迫ってくる。

土地の植生を巻き込みながら、建築がたくましく成長している。

我々も参加した設計競技の結果、

象設計集団のこのコンペ案を見たときの衝撃は今でも忘れられない。

b0157497_16335466.jpg


時を経るにつれて、竣工時以上に、

周辺環境と同化しながら、

魅力を増してゆく公共建築を他に知らない。

南国の植物が絡まるコンクリートのパーゴラの下に、

市民が行き交う快適な執務環境が広がっていた。
by yoshiaki_works | 2016-05-12 16:52 | 建築 | Comments(0)


<< 沖縄名護 学生宿舎 >>