<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧
佐世保市日宇 樋口眼科
b0157497_1029496.jpg

昨年の10月10日に、HPをご覧になった樋口先生ご夫妻が、
佐世保から大手門ワークスを訪ねて来られて、
「4月1日に眼科を開業します。予算は○○ですができますか?」
からのスタートでした。

テナントとして入居予定の鉄筋コンクリート造の2階建てのビルは
ずっと以前に医院併用住宅として使われていたもので、家主さん側の
解体、改修工事と入居側の内装工事との区分調整が必要でした。
幸運なことに、管理する不動産会社とは以前仕事をしたことがあり、
迅速に対応していただけました。

ブランディングとグラフィックデザインは中川たくまさんが参加して、
毎週打ち合わせを行い、手術室のある眼科医院の設計がまとまりました。

次は、施工会社の選定です。
躯体工事を伴わない内装工事なので、建設会社と請負契約を結ぶのではなく、
昔から気心の知れた佐世保の設備工事会社二宮機工さんを中心に、
柔軟、迅速,心意気をモットーにする施工チームを編成しました。
電気工事はサンエレック、内装は富士文化工業。
竣工後の保守メンテナンスも頼りになります。
そして製作家具はノマドデザイン。

1ヶ月半の工事でした。
外観は玄関部分を少し改造しただけで、後は全く手を加えていません。
木を基調にしたインテリアが白い箱の外に表出するだけのデザイン。

4月3日に内覧会。
4月8日の開院です。
b0157497_1030156.jpg

今回しみじみ感じたのは、一つの医院を立ち上げる医師のなみなみならぬご苦労でした。
研究と診療に集中して研鑽を積んできた医師が新規に開業するのは、起業するということ。
金融、不動産、建築、医療機器、申請手続、ブランディング、宣伝、採用、人事、経営。
そして大切な家族のこと。
全てのことを同時並行的に判断しながら、プロジェクトの陣頭指揮をとります。
しかもきわめて短期間のうちに決断しながら。
医療関連のコンサルタントがサポートしている例は多いのですが、今回は、医師と奥さまがプロジェクトリーダー。
おふたりの笑顔に後押しされながら、プロジェクトは進行しました。

樋口眼科は佐世保のまちの人々にたよりされる素敵な診療所に、きっとなります。

二宮機工の二宮さん
サンエレックの久家さん
富士文化工業の池永さん、片岡さん
リッツメディカルの野瀬さん
永田不動産の永田さん
そして
nomade design の蔵谷さん
青い月の中川さん

ありがとうございました。
by yoshiaki_works | 2010-03-31 10:31 | 建築 | Comments(0)
吉野ヶ里の花見
b0157497_11431670.jpg

週末は絶好の花見日和。
『ひとてまプロジェクト』会議を兼ねて、佐賀吉野ヶ里『大幸園』に
どんぐりチームが集まりました。

「ウワーッ!すごい!」と歓声を上げながら、
満開の桜トンネルを通って、
『大幸園』につきました。
b0157497_11433853.jpg

筑紫平野を見晴るかしながら、
いろり端でいただく、山と川の幸。
漁り火のように、眼下にまちの灯りがひろがっていく。
暗くなるまで、
お腹いっぱいになるまで、
酔っぱらってしまうまで、
みんなで、わいわい、がやがや

「どんぐり」会議では小国杉でつくる家が承認されました。
それから、つくり手の名前を建物に残すことになりました。

大幸園は「ひとてまプロジェクト」メンバーの三好木工さんのお世話です。
b0157497_11435352.jpg

ひとてまプロジェクト『どんぐりの家』はこちらです。
by yoshiaki_works | 2010-03-30 11:58 | 徒然 | Comments(0)
けものみち
b0157497_1604829.jpg

大分県別府、「けものみち」さんの中庭のヤマモモの木に、
めじろが二日ほど前から巣をつくりはじめたって聞きました。
「ほら!ここ、ここ」と教えてもらって、できかけの巣を見つけました。
しばらくすると、確かにめじろがやってきました。

「けものみち」の中庭が、とってもいい雰囲気になってきた。
b0157497_1602321.jpg

次男くんの誕生祝いを、東京の舞さんから託かってきました。
次男くん喜んでくれたかな。
by yoshiaki_works | 2010-03-29 16:15 | 徒然 | Comments(2)
爛漫
b0157497_13425478.jpg

この季節は

アトリエがここにあって

よかったなと

心から思える日々。


毎日お花見弁当。

b0157497_13423817.jpg

by yoshiaki_works | 2010-03-29 13:45 | 徒然 | Comments(0)
おめでとうございます
b0157497_13172124.jpg

北九州市八幡東区、リニューアル進行中の富山歯科クリニック池上先生の結婚式。
満開の桜がうす桃色に輝くお堀に面した式場。
式がすんで、教会の扉がひらいて、新郎新婦が階段を下りてきました。
b0157497_13174124.jpg

人々と、
春の日射しと、
やわらかな風と、
そして舞鶴公園の桜の花と、
・・・
たくさんの祝福を浴びながら

最高の笑顔に会えました。

ほんとうにおめでとうございます。
by yoshiaki_works | 2010-03-29 13:26 | | Comments(0)
鮮魚店のふじけん
b0157497_95779.jpg

「こどもの」会議の後、軽く一杯。
大名でゆいさんが見つけた魚屋がやってる「ふじけん」

飛び込みではいったら、きょうは ”にぎりの日” 一貫100円。
15種類のネタを一貫づつ頼んだ。

付け出しに出てきたのが、車エビの炭火焼。
なかなか、どうして、うまかった。
by yoshiaki_works | 2010-03-26 09:57 | | Comments(0)
舞鶴公園
b0157497_9541367.jpg

寒い日が続き、
点灯された桜祭りも、
眺めながら通り過ぎる日々。
でも、おかげで桜が長持ちしそう。

さっき、柳瀬さんから土曜日舞鶴公園での花見を誘われた。
柳瀬さんありがとうございます。
きっと、みなさん揃って、にぎやかなお花見になりますね。
でも明日土曜日、ワークスは吉野ヶ里での花見予定です。

少しだけでも暖かくなりますように。
by yoshiaki_works | 2010-03-26 09:54 | 徒然 | Comments(0)
教え
まず一、二、三歳は大自然がもっぱら情緒つまり心を育てる時期で、四歳では時空を教え、
五歳で自他を教え、六歳で集まって遊ぶことその他のおもしろさを教える。
ここまでの家庭教育について述べてみたい。

 私は一、二、三歳では母が愛と信を教え、四、五、六歳では父が信と欲とを教えて道義の
根本をしつけるとよいと思う。

 一、二、三歳の幼児はどうして物心両面の森羅万象を学びとるのだろうか。
それは「見る目」ではなく「見える目」で見るのである。幼子の無垢清浄な瞳をみると、
万象のほうから幼子の心情に飛び込んでくるのがよくわかる。ー・・・

 そこでこの時期に母は子に信をどう教えるかといえば、信頼を裏切らないようにすれば
よいのである。

母親が三つくらいの女の子の手を引いて奈良のいちばんにぎやかな三条通を歩いている。
幼児はひどくはしゃいで、物珍しげに方々を見回している。それは幼児の右手がその母の
左手をしっかりと握っていて、そのため安心しきっているからである。
と突然、向かい側を母の目上の知人が歩いてくるのに出会う。
母は急いで、その子の喜びの源泉であったその大切な左手を振り切って、
見返りもせずに向かい側に渡り、
ていねいな紋切り型のあいさつを、通る人におかまいなしにゆっくりと交わし合う。
取り残された女の子はその場にうずくまって、火のついたように泣き出す。
こういうのを信頼を裏切るというのである。
それ以後は、知った人に会うたびに、女の子は手を振り切られはしないかと
びくびくするようになる。
 ・・・
義務教育私話 『春宵十話』  岡潔

b0157497_18195986.jpg

今日は『こどもの」の会議がワークスで予定されています。
飛び入りで参加してみます。
by yoshiaki_works | 2010-03-25 18:15 | | Comments(0)
デザインレヴュー2010
b0157497_1459069.jpg

ゆうづつの後に、人工島のグリングリンまで足を伸ばして、デザインレヴューを覗いた。

井手健一郎、青木淳、小島一浩、土居義岳、中村拓志、西沢大良の各氏をクリティークに迎えたレヴューは学生君たちにとって、感激的な体験。

会場で、オープンデスクにきてくれていた学生君たちに会えた。

京都の「けいちゃん」、去年から福岡教育大で先生をめざしていた。

慶応の「西村さん」、春休み里帰りでお母さまと。

九産大の「ゆかさん」、小泉先生の研究室に入った。

それぞれに元気そうで、みんな頑張っている。

村長の古い友人、長崎の佐々木さんの次男くんが惜しくも最優秀賞を逃した。

我が四女も、イベントのお世話係で走り回っていた。

土井義岳先生のブログでのコメントが素晴しい。
by yoshiaki_works | 2010-03-23 14:59 | 建築 | Comments(0)
菊花亭
b0157497_1456577.jpg

原鶴か、筌の口でも行こうかと、太宰府インターそばまで行ったら、渋滞の気配。
鳥栖25キロメートル渋滞の表示で西に方向転換した。
三瀬の『まつちゃん』で丸天うどんを食べ、野菜を仕入れて、古湯へ。
久しぶりの菊花亭。

春の日差しの中で、足湯しながら、文庫本を読んでいたら、湯冷めした。
by yoshiaki_works | 2010-03-23 14:57 | 徒然 | Comments(0)