<   2012年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ストローベイルハウス
b0157497_11572392.jpg


お彼岸の週末は、西唐津で自宅を自力建設中のサホさんのワークショップへ.

自宅建設のための現場小屋がこれ.
壁に積まれた藁のブロックに土塗りをするワークショップ.

b0157497_1157548.jpg


子どもたちがあきれるほど、はたらきもののともさん.

b0157497_122233.jpg


子どもにも大人にも、にんきもののはまちゃん.

b0157497_11584579.jpg


なまけものの村長さんは子どもたちと遊んでいる.
by yoshiaki_works | 2012-09-24 12:03 | 建築 | Comments(0)
紙漉思考室
b0157497_1204880.jpg


けやき通りの「てのま」でお会いした紙漉思考室の前田さんから、
見本が桐箱に入って、和紙でくるまれた小さなお便りと一緒に送られてきた.

仕事場がある七山はもう朝夕の冷え込みが厳しく暖房が必要になったと.

一度、前田さんの仕事場を訪ねてみたいと思っている.
そして、彼が漉くやわらかな和紙を次の設計で使ってみたい.
by yoshiaki_works | 2012-09-21 12:01 | 徒然 | Comments(0)
地獄温泉
b0157497_1857799.jpg

混浴露天風呂
白濁しているから恥ずかしくない?

b0157497_18565183.jpg

宿の見かけを裏切る
フレンチと和食
なかなかいける

b0157497_18574452.jpg

小さな露天風呂新湯
湯船の縁に足と頭をかけて
のんびりと浮いていられる
by yoshiaki_works | 2012-09-19 18:58 | 徒然 | Comments(0)
紅葉ヶ丘の空
b0157497_1133415.jpg


春日市紅葉ヶ丘で新しい計画の話をいただいて現地確認にいってみると、

以前に設計監理をした分譲マンションが近くに見える土地だった.

見上げると福岡空港に降りていく旅客機がゆったりと空を舞っていて、

そういえば、あのマンションの竣工写真が空撮だったことを思い出した.
by yoshiaki_works | 2012-09-19 11:43 | 徒然 | Comments(0)
結ぶ
b0157497_1130133.jpg


巻きこむのが上手な舞の息子は

繋いで結ぶのが上手
by yoshiaki_works | 2012-09-15 11:32 | | Comments(0)
海を見る人
b0157497_105535.jpg

by yoshiaki_works | 2012-09-14 09:59 | 徒然 | Comments(0)
まちを見る人
b0157497_9465313.jpg

by yoshiaki_works | 2012-09-14 09:52 | 徒然 | Comments(0)
ランチへ
b0157497_17554081.jpg


みんなでランチへ.

豚は一杯だったし、

親子丼にしようか、

てんぷら定食かな.
by yoshiaki_works | 2012-09-13 17:57 | 徒然 | Comments(0)
リフォーム
声をかけてもらってプロポーザルに参加し、学生寮改修工事の設計に取り組んでいた.

b0157497_1722041.jpg


40年以上前に建設されて、数年前に廃寮になっていた建物.
RC造4階建て、収容人員250名、当初は大きな風呂と食堂を完備し、
キャンパス内に熱供給設備をもち、各室に温水暖房設備を備えていた.
4人部屋が現代の若者のニーズに合わないことと、建物が老朽化して耐震補強が
必要なことなどから、解体予定だったものを、時節柄、躯体の再利用を検討する
ことになった.

私たちの提案は、西に開くコの字型の平面のうち、東棟を撤去して北棟と南棟に
分割し、北棟を4階建て男子寮、南棟を減築して2階建て女子寮とする計画.

今回北棟の改修工事の設計を完了した.

南北に居室のある中廊下型の平面プランを、南面居室の北側片廊下プランにする.
それに伴って戸境の耐震壁を撤去再構築し、その直交方向の耐震壁を新設する.

寮室は個室でトイレとシャワーを備える.キッチンとランドリーは北側の広い
スペースに配置して寮生間の交流の仕掛けとし、各階に和室を設ける.
寮生活の魅力は安い家賃だけでなく、クラスや学年や専門をこえての仲間づくり.

キャンパス内の豊かな緑を楽しめる、活気ある学生寮をつくりたいと思った.

今回の設計を進めながら、改修工事の可能性と新築にはない魅力を痛感した.
そして、発注者である大学施設課の建物に対する視点が勉強になった.
数十年間、キャンパス内のあらゆる施設を保守管理してきた経験からの
さまざまな指摘は新鮮でもあったし、じんわりと腑に落ちるものであった.

設計が単に保守的になってはいけないが、設計された建物の、その寿命を
健全に全うさせるためになされねばならない配慮はまだまだたくさんある.
やっぱり、建築は深くておもしろいと感じさせられた.
by yoshiaki_works | 2012-09-08 17:22 | 建築 | Comments(0)
工程会議
b0157497_170390.jpg


舞さんが東京から戻って、
これから基本設計に入る保育園を中心に、
諸々進行中のプロジェクトの工程会議です.

カズタが退屈するので、
鯉と亀と鴨と烏がいるお掘り端の木陰です.

まん中の黒い人はベンゾウさんのようですが、トモさんです.
by yoshiaki_works | 2012-09-07 17:04 | 徒然 | Comments(0)