<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ぶたの王様
b0157497_1848189.jpg


ワークスのそばにある一貴山豚の店「ぶたの王様」.

ひどい時には週に3回くらいランチに行く.

月に1回くらい夜飲みにいく.
そして豚肉はあまり食べずに、野菜を頼む.
ピーナッツもやしや、でかい牛蒡に豚バラ肉を巻いたごぼう巻がうまい.
初めて飲んだが、ワインもおいしかった.

こないだ、ハマちゃんが女子たちを”ピンクのかまぼこ”とか”むらさきいろの里芋”とか
暴言を吐きながら、つぶれていった.
by yoshiaki_works | 2012-10-31 18:59 | | Comments(0)
上田歯科医院
b0157497_10381044.jpg


筑紫野市美しが丘の通り沿いに「うえだ歯科」が竣工しました.
鋼板と米杉のシンプルな外観の診療所には
ドイツ製の診療ユニットが備えられ、
すてきな笑顔の上田先生が迎えてくれます.

医院のエントランスまわりは、芝とシマトネリコでやさしく装いました.

b0157497_1104562.jpg


最後に、夜の外部照明を確認して、11月1日の開業を迎えます.
by yoshiaki_works | 2012-10-30 11:12 | 建築 | Comments(0)
手摺
b0157497_17463358.jpg


久留米の計画地に行く道すがら通りがかった石橋美術館でバラフェアをやっていた.

村長は家内に「ファーストラブ」、舞さんは中川さんに「ブルームーン」の苗を買った.

美術館は休館中で入れなかった.

メイン階段の石の段板から立ち上がった鉄の手摺が人の手に磨かれて光っていた.
by yoshiaki_works | 2012-10-24 17:58 | 建築 | Comments(0)
茂木謙悟さん
b0157497_10465634.jpg

茂木象さんにお願いして、綜合建築設計研究所の茂木謙悟さんに、建築について語っていただきました.
浄水通りのわかば幼稚園の木造のホールや図書室は茂木さんの設計になるものです.
ホールには木製のシェル構造の小さな屋根が乗っています.その木躯体はよかトピア博覧会場に使われた部材の転用で、比較的大きな部材を使って、大きな開口をとった明るい多目的ホールです.
図書室は全て杉材で構成されています.

わかば幼稚園の他にも、七山小学校などたくさんの建築作品を紹介していただきました.
私も大好きだった七山小学校がもう見れないのは大変残念なことです.若い人たちにぜひ体験してほしかった建築のひとつです.
お話の中で驚いたのは、ゴミ処理場の寿命が15〜16年程度で、プラントの寿命に合わせて、建築がスクラップアンドビルドされたということでした.

b0157497_104711100.jpg


印象に残った茂木さんの言葉をいくつか、

「昔は人件費は安くて、材料費が高かったので、小さな断面で大きな平面を覆うことのできるシェル構造は合理的だったんです.」

「木造でもシェルができます.ふたつの交差する直線部材の間を直線の木材で結ぶ.大工は簡単に造りますよ.」

「木材は塗装しないほうがよいですね.室内の木は年月を経て飴色になるし、外部の木は灰色になっていく.新築の時にはシラタやアカタで斑があったものもだんだんと調子が揃っていく.それがいいですね.」

「住宅を設計するときは真壁にしたほうがいいです.木のこともありますが、最近の建て主は私たち以上に情報をたくさんもっていてかなわんときがあります.真壁にすればそんな情報はあまりないし、こっちのもんです.」

「今の建て主はひび割れに敏感すぎですね.だから、住宅がみんな包装された感じになって、ひび割れがわからないようになっている.サイディングの目地のひび割れまでクレームになってます.自然に入るひびもいいもんですよ.」
(茂木さん自邸は内装が荒土壁中塗り仕上げのまま、竹小舞下地の壁は福岡地震にも健全でした.)

「保育園の設計にも、ステンドガラスを採用してみてください.色のついた光が部屋の中を動き回って、一日の刻の移り変わりを教えてくれます.空間の中に時間を意識できるとよいと思うのです.色ガラスは本物がいいです.」

翌日の日曜日、わかば幼稚園によってみると、ホールから出てこられる茂木さんにお会いした.
「日曜日はいつも来てるんですよ.」笑いながら、飄々と去っていかれた.
by yoshiaki_works | 2012-10-22 11:28 | 建築 | Comments(0)
一日保育園
b0157497_10472654.jpg

母親が一週間イタリアに行っている孫をみんなで交代で子守りをしている.
金曜日は村長の当番日.

b0157497_10481537.jpg

天気もよいので動物園に行った.

b0157497_10481071.jpg

キリンを見て、象を見て、ぽっぽ電車に乗って、ご機嫌だった.
by yoshiaki_works | 2012-10-20 10:54 | 徒然 | Comments(0)
卒業研究
b0157497_1694928.jpg

土田充義先生と川上秀人先生と、同窓生たちとで中華料理を囲んだ.
宗像で聖ザビエル教会再建に力を尽くしておられる土田先生と、
「長崎の教会建築とキリスト教関連施設」を世界遺産にする活動に
取り組んでいる川上先生と、私たち教え子数人の、なつかしくも
心温まる食事会だった.

川上先生が、私たちが学生の頃の教会建築実測のスナップ写真をもってきてくれた.
図版と物差しと赤黒の鉛筆をもって、外海地区や五島列島をかけずり回っている写真だ.
土田先生の波打ち際ブリーフ姿もある.
私と長沼くんの『ドロ神父記念館』でのスナップもあった.

b0157497_1610612.jpg


当時私が描いた『頭ガ島天主堂』の配置スケッチを川上先生が送ってくれた.
私と長沼くんの卒業研究の資料の中の野帳にあったらしい.
よくこんなものを取っておいてくれたものです.
2馬力の船外機付きボートで頭ガ島に渡り、ふたりで実測した日のことを
うれしくもなつかしく思いだしていました.
by yoshiaki_works | 2012-10-16 17:20 | 建築 | Comments(0)
保育園WS
b0157497_17373363.jpg


保育園の基本設計が進行中です.

園のパート毎に担当の保育士さんたちのチームと重ねてきたワークショップも7回を数えます.
今回のテーマは遊戯室と園庭.
園庭は白い粘土でつくりました.デザインと園庭模型製作はサホさん.
これで、1/50の模型もパーツを繋ぎあわせて、完成形が見えてきました.

b0157497_17394086.jpg


次回でワークショップを終了して、基本設計を取り纏めます.
by yoshiaki_works | 2012-10-12 17:46 | 建築 | Comments(0)
ガーデニングショー
b0157497_16501558.jpg


10月7日の日曜日、学研都市の家の地鎮祭を終えて、
唐津まわりで、公園係のなぎさんと、
ハウステンボスのガーデニングショーに向かいました.

b0157497_1831633.jpg


各国の造園家の作品を見ることができました.
水や緑や光や風や、たくさんの素材を使った作品には、
自由な空気と気ままな明るさがありました.

b0157497_18331746.jpg


建築にとらわれて、固くなりすぎな村長にとって、
目からうろこのデザインが随所にありました.

b0157497_1833148.jpg


建築はもっともっと自由でいいんだよね.
たくさんの遊び心が人をしあわせにするんだよね.

b0157497_1651787.jpg


世界的に有名な、
麦わら帽子をかぶった造園家のフラワーアレンジメントレッスンに、
まいさんの友達の、
ベレー帽をかぶったアベちゃんが、優等生席で熱心に耳を傾けていました.
by yoshiaki_works | 2012-10-08 17:07 | 徒然 | Comments(0)
ストローベイルハウスその2
b0157497_959132.jpg


西唐津に向かう途中,虹ノ松原『唐津バーガー』の駐車場で見かけた、
遠方からツーリング中のチューニングされたぴかぴかのカブたち.
やっぱりバイクはいいなあ.

b0157497_9582737.jpg


土塗りワークショップを終えて、サホさんのトラクターに乗せてもらっている.
by yoshiaki_works | 2012-10-03 10:03 | 建築 | Comments(0)