<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
夏休み
b0157497_9535235.jpg

by yoshiaki_works | 2014-07-25 09:54 | 徒然 | Comments(0)
飯倉の家
b0157497_20182838.jpg


7月21日の月曜日早良区飯倉で新しい住宅の地鎮祭がありました.
横浜在住の建主夫妻と福岡在住のご両親の2世帯のための住宅です.
設計はワークス横浜事務所が、監理は福岡事務所が担当します.

小さな中庭を囲んであたたかな木造2階建ての建物になります.
今年の暮れには完成予定です.
西隣りには昨年暮れに着工したRC造打放しの住宅が工事中です.
こちらに対しては全く開口のない設計のようです.
住宅とまちとの関係をどのように捉えるかワークスのテーマです.
by yoshiaki_works | 2014-07-23 20:31 | 建築 | Comments(0)
虹の松原ポタリング
b0157497_18222872.jpg


山笠も終わって梅雨明けの日曜日、
糸島から海岸沿いをおだやかな玄界灘を眺めながら走って、
虹ノ松原の松の木陰を走るポタリングに出かけた.
仲間は筑後川の5人プラスGB250で途中参戦のハマ.

b0157497_18221740.jpg


松の香りを全身に浴びながら、松原を抜けて、
唐津海岸沿いの元炭坑主の館「旧高取邸」を見学し、
(建築と同時に欄間の細工や襖絵や板絵が圧巻)
木造3階建ての鰻屋「竹屋」で香ばしいウナギを食し、
(日本一と銘打つ鰻は絶品)
そばの旧唐津銀行で辰野金吾作品と唐津の歴史に触れた.
(戦災を受けてない都市には歴史が残っている)

b0157497_1822404.jpg


打ち上げは浜玉の汐湯温泉「凪の音」、
玄界灘の水平線を一望する露天風呂はよかった.
(目の前の砂浜からも入浴姿がよく見られたけどね)

日本一大きいという浜崎祇園山笠の製作現場をちら見して、
浜崎駅で解散し、輪行バッグにチャリを詰めて電車に乗った.
中川さんはそこからお墓参りに唐津の西の方に走っていった.

ここちよい汗をかいた夏の一日.
by yoshiaki_works | 2014-07-23 18:46 | | Comments(0)
よってっての家
b0157497_14595967.jpg


早良区原に「よってっての家」が竣工しました.
数年前に、箱庭キットワークショップで初めてお会いした建て主さん.
その後、ご家族でフィンランドに赴任されたりして、間が空きましたが、
この度,安恒工務店さん施工であたたかみのある住宅が完成しました.

b0157497_1501345.jpg


”「豊かな空間に暮らす」というが、
逆に豊かに暮らすことで、空間は豊かになるのである.
そしてここにこそ、家づくりの楽しさと意味があるはずなのである.
器たる家が生き,育つのは、中身たる人間が生き、育つことの如実な反映である.”
高橋修一

8月2日(土),3日(日)には建て主さんのご厚意で見学会を予定しています.
ご都合がつくようでしたらご参加ください.
HPかFaceBookからご連絡いただければ、詳細をお知らせします.
by yoshiaki_works | 2014-07-18 15:18 | 建築 | Comments(0)
打放しと杉板
b0157497_1613467.jpg


福岡にあるコンクリート打放し仕上げの建物で、
私が好きなのは天神北の光圓寺.
柿沼守利さんの設計.
型枠の杉板のパターンを変化させて、
外壁の多様な表情をつくっている.
無垢の石や金属との取り合わせがここちよく、
時が経つにつれて存在感が増している.

b0157497_1615536.jpg


先月訪ねた萩市の明倫館(今年まで小学校として使用されていた).
築後100年を越えて、保存されることになった木造の建物.
外壁は塗装さえもはげて灰色になった杉の下見板貼り.
風雪に耐えて風格のある建物は美しい.
by yoshiaki_works | 2014-07-16 16:35 | 建築 | Comments(0)
テクスチャー
b0157497_19124283.jpg

大阪府八尾市に立つ歯科診療所の施工者が決定した.
建設費高騰の時節柄大変気をもんでいましたが、VE作業を行い、予算も上げて
いただいて、いよいよ着工の段取りとなりました.

工事請負契約をすませたあとに、建設会社さんが施工したコンクリート打放しの
外壁を見学し、型枠や塗装仕上げの工夫話しを聞いた.安藤忠雄さんの建築を
30件ほど手がけたという.いい仕事が期待できそうだ.

b0157497_19124233.jpg

そのあと中津のデザイナーズフリーに寄って、最近の弟の作品を見た.
彼はここのところずっと、テクスチャーデザインというジャンルに取り組んでいる.
数年前は材質の平面的なデザインだったのだが、今年アトリエにならんでいたのは、
多種多様な材質が色彩とともに立体としてデザインされたものだった.
TOTOで大判セラミックとして商品化されたものもあるという.

製作したそれらの作品を担いで、年3〜4回ヨーロッパやアメリカやアジアに
行商に行く.(寅さんみたいなものかな)
最近は展示会のブースに出展しなくて、固定客を直接訪ねることもあるそうだ.
「人がやってないから、苦労は多いけどおもしろいよ.外国の友達もできたし」
飄々と話しをする弟と、今年から安藤事務所に勤めているN君と3人で、さかなを
つつきながら、大阪のうまい酒を飲んだ.
by yoshiaki_works | 2014-07-07 19:52 | 建築 | Comments(0)
木の実の家
b0157497_147930.jpg


小笹の大きな楠のそばに

そとん壁の「木の実の家」が

まもなく完成します.

樹間をかけあがっていく風が

ここちよい住宅です.
by yoshiaki_works | 2014-07-05 14:12 | 建築 | Comments(0)