<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
みやまの森保育園
b0157497_20347100.jpg


諫早市のみやま保育園の1期工事が完了し、

メインの保育室と管理部分が使用可能になった。

エントランスを入ってつきあたりは、3本の桜の木のための階段。

b0157497_2035476.jpg


小さなステンドグラスがはめ込まれた階段を上がって、

まあるい壁沿いに歩くと、2階から、まだ未完成の北の中庭を見下ろせる。

b0157497_20345083.jpg


保育室の南側には広いデッキがあって、

春の桜や、秋のもみじや、

びわの木と防空壕がある「みやまの森」が見えている。

みやま保育園はまちの中にあって、

都市計画的に未整備な空地が、

園のまわりに宝物のように存在している。

新しい園舎はそれらの環境を活かして、

風がさわやかに抜ける居場所つくりをめざしている。
by yoshiaki_works | 2014-08-27 20:49 | 建築 | Comments(0)
中通島2
b0157497_13591586.jpg


五島列島の中でも、上五島の中通島には平地が少ない.

b0157497_1359424.jpg


弾圧を逃れて西彼杵半島から渡ってきたキリシタンの人々は、

半農半漁の仏教徒の島民が暮らす入り江の上の方に住み着いたが、

頭ガ島の集落は入り江に面して天主堂とキリシタン墓地が残っている.

b0157497_13585372.jpg


頭ガ島の島民は明治政府の弾圧も経験している.

島の頭を削ってつくられた小さな飛行場は使われなくなった.

今年のお盆、頭ガ島の石造りの天主堂は雨に濡れそぼっていた.

秋になったら、「世界遺産暫定候補の教会建築をめぐるポタリング」を、

福岡ー中通島ー若松島—福岡、船中1泊,島泊1泊で企画したいと思っている.
by yoshiaki_works | 2014-08-20 14:44 | | Comments(0)
中通島1
b0157497_17292696.jpg


私がうまれた島にひとつだけあった温泉付きの国民宿舎が、

モダンなホテルに建替えられていた.

島の北のくびれたあたりの丘の上にたつホテルからは、

東の海から昇る朝日と、

西の海に沈む夕陽を拝むことができる.

b0157497_17294185.jpg


都会の資本が経営するホテルは白と黒の外観と、

白い内壁に明るい木目の家具を配したしゃれた建物で料理はイタリアン.

関東圏からの若い観光客も増えたらしい.

b0157497_17301045.jpg


福岡を深夜に発つフェリーが着くターミナルも新しくなっていた.

以前のRC2階建てのターミナルはデザイン過剰で使いにくかったが、

新しいのは木造平屋瓦葺きで、小さくなったが好感が持てた.

地元の評判もいいらしい.

飛行機や列車や船の停留する建物は意味不明なデザインが多い.

風だったり、波だったり、丸かったり、キラキラしていたり・・・

そうじゃなくて、その土地から生えたような建物がいいな.

b0157497_1892475.jpg


佐世保港では古い大きな倉庫がフェリーターミナルにコンバージョンされていた.

NKSの末廣さんが設計して、現在工事中.完成が楽しみだ.
by yoshiaki_works | 2014-08-19 18:11 | 建築 | Comments(0)
みやまの森保育園
b0157497_185667.jpg

みやまの森保育園の第1期工事の竣工が近づいてきました.
お盆明けに引っ越して、
9月からあたらしい園舎で子どもたちの生活がはじまります.

それから、なつかしい園舎にお別れをして、
解体工事がはじまって、
二本のアメリカ楓を伐ることになります.
伐られた楓はあたらしく生まれ変わって、
新園舎のあちらこちらに残されていきます.
物語を紡ぐのは青い月の中川たくまさん.

b0157497_185883.jpg

現場会議が終わって、
いつものおいしい保育園ランチ.
箸置きに鶴が折ってありました.

b0157497_1852685.jpg

午後からは、裏山の防空壕跡の池の中に
中川さんが鯉とイモリを見つけました.
イモリを見たのは何十年ぶりだろう?
池の奥には大きなナマズもいるらしいのです.

秋になったら、みやまの森音楽堂と中庭の2期工事が始まります.
by yoshiaki_works | 2014-08-12 18:21 | 建築 | Comments(0)