土田先生
恩師土田充義先生が、解体された聖ザビエル教会を、鹿児島から
運んできて、福岡宗像の地に再建を始めて4年になります.

4月10日にその祝福式が開催される情報を聞いた教え子たちが、
先生を囲む会を企画することになりました.

教会の再建は4年間で外観がだいたい完成した段階.
これからさらに2年間をかけて内部を仕上げるそうです.

囲む会の企画概要を相談したところ、近畿大学の川上教授から、
学生時代のなつかしい写真が同封されていました.
長崎県外海町の出津教会の実測作業の風景(お昼の休憩?)
1974年、ぶりっ子してるのが川上教授.
タオルをたらしている眼鏡が親友の長沼清.
梯子の上で伸びきっているのが若き日の村長.
b0157497_13403876.jpg

by yoshiaki_works | 2011-03-29 14:00 | 建築 | Comments(0)


<< 春の大濠 花しるべ >>